モデル園の近況【とうがらしとオクラの植え付け】

2020.07.10 Friday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています



    こんばんは、スタッフ2号です。
    写真は「菜種」の種です。
    農園から少し離れた段々畑で栽培していた菜種の種を収穫したものです。

    春先にはかなり目立つ感じで咲き乱れたりなんかしておりまして、結構な数の通りすがりの人に写真撮影なんかで立ち寄ってもらったようで、ちょっと近隣の家に迷惑をかけてしまったようで・・・、どうせなら撮影料でもとってやって一儲けしてやれば良かったな、などと反省しているところです。

    ちなみに、あれだけ大量に育てても油にしてしまえば200ml瓶に4〜50本ほどになってしまいます。



    当然ですが全く儲かりまへん。
    まぁ、そんな道楽的農業も楽しいもんです。



    そんなことで、下佐曽利絞り100%の菜種油「なばなの一滴」をどうぞご贔屓に。


    モデル園の近況の前にもうひとつ宣伝です。

    昨年から、宝塚三田猪名川の阪神地区では早生品種の黒枝豆栽培に力を入れております。
    私個人的にも、宝塚市の農業もいつまでも個人主義に他農家と競合していくのではなく、協業する方向へシフトしていくべきだと考えておりましたので、積極的に参入させてもらいます。

    ありがたいことに、JAが大きな集荷センター(通称:ビーンセンター)も作ってくれました。
    こちらも張り切って育てているところです。

    下佐曽利組合では、作付け面積的には昨年の試験栽培と比べると10倍ほどに増えています。
    三田や猪名川の豪農あたりだと機械で植え付け、機械で収穫ということになりますが、弱小下佐曽利組合は全て人力です。夏のクソ暑い時期に何万本も収穫していると死んでしまいます。
    なので複数の畑に、数千本ずつ時間差で植え付けて収穫時期をずらしています。
    種まき適期が2ヶ月ほどあるのも早生品種の良いところです。

    それでももうじきやってくる収穫シーズンを思うとゾッとします。







    下佐曽利組合の黒枝豆は数は少ないですが、種まきをずらしたおかげで7月末〜8月末頃まで店頭に並びそうです。スーパーや直売所でお見かけの際はどうぞご贔屓に。

    農園モデル園でも宣伝がてらに同じものを植えています。



    黒枝豆オーナー制度でも育てている「丹波黒」になると、種まきから収穫まで150日ほどかかります。栽培期間が長いと失敗するリスクも増えてしまいます。
    こちらの早生品種は種まきから約80日で収穫できます。わりと挑戦しやすい黒枝豆かと思います。
    来年はぜひチャレンジしてみてください。




    それではモデル園の近況です。

    6月中頃から大雨が続いています。
    案の定、我が家の自家消費用の畑が滞水してしまい、なすびととうがらしが根腐れで壊滅してしまいました。改めて排水の大切さを認識したところです。

    植物は根から吸い上げた水を葉の気孔から蒸散させ、水分量を調節しています。
    また、気温が上がると植物は気孔を閉じて水分を蓄えようとします。
    なので畝の谷に水が貯まったままになっていると、根からは水を吸い上げるけど気孔から蒸散できない状態になってしまい、水分過多で一気に弱ってしまいます。
    特に大雨のあと、急に晴れたときなんかは注意です。

    農園は水はけが良いので大丈夫だと思いますが、通路より畝の谷が低くなっている場合はご注意ください。
    なすびやとうがらしが急激に弱ると青枯れ立ち枯れを疑いがちですが、根腐れの場合もあるわけです。

    そんなわけで、とうがらしを食べられない夏というのは耐え難いものがありますので、モデル園に植えておきます。

    【甘長】【万願寺】【ミニパプリカ】を植えます。



    よく、時期外れの「老苗」(古くなった苗、成長しすぎた苗)は深めに植えよと言われますが、相変わらず浅植えでいきます。
    とうがらしやなすびなんかは、浅植えにして大雨で「根が洗われる」(株元の土が流されて根が露出する)くらいが良いと聞いた覚えがあります。
    また、雨が多い時期に深植えにするとどうも病気が気になります。
    シーズン外れだったこともあり自根苗しか手に入らなかったので、病気は避けたいところです。
    根腐れのトラウマもありますので。

    また、気温が上がってから植え付ける場合はシルバーマルチを使います。



    ・黒マルチは地温を上げる
    ・シルバーマルチは日光を反射させて地温の上昇を抑える
    とされています。

    花が取れてしまったり咲く気配が無かったりと決して良い苗とは言えませんが、多分大丈夫でしょう。



    日照不足で成長が遅れそうですが、とうがらし系は暑くなれば一気に成長するはずです。




    【オクラ】

    昨年、某利用者さんが悔しいほど見事なオクラを育てておられましたので、ケンカを売ってみようと思います。

    オクラは種まき後、苗の植え付け後に寒さに当たると成長が悪くなります。

    念を入れて6月に入ってから種まきしました。
    更に念を入れて10株ほど植えています。これだけ植えれば一株くらいは良いのができるはずです。
    念には念を入れて、ネキリムシ対策の殺虫剤も施しておきます。



    ちなみに、モデル園は密植栽培にします。
    あえて株間を狭くすることにより、成長を抑制させてやる方法です。オクラの場合は実の成長も穏やかになるようです。

    マルチ一穴に二株残しで育てていきます。


    余った場所。



    【秋キュウリ】でも植えてみます。
    これだけ雨が続いていますので、病気で早めに収穫を終えた方もいるかと思います。
    ホームセンターなどでも秋キュウリの苗が出回る時期になりましたので、ぜひ再挑戦を。

    モデル園は6月中頃に種まきしたものをぼちぼち植え付ける予定です。



    積極的に殺菌剤(予防薬)を使っていく栽培を紹介できればと思います。

    なお、モデル園で使用した薬剤は畝に立てている札に全て書いていますので、ご参考までに。








    【黒大豆枝豆オーナー制度】黒枝豆の成長記録

    2020.06.30 Tuesday

    0
      本年もあいにくの雨の中、黒大豆枝豆オーナー制度定植会にご参加頂きありがとうございました。(おそらく5年連続の雨天定植会でした)
      定植会当日に受け付けをしていた者でございます。
      ここからは私が責任を持って管理して参りますので、泥舟に乗ったつもりでお任せくださいませ。

      昨年に引き続き、本年も不定期気まぐれな更新になりますが、黒枝豆の成長具合を報告して参ります。


      さて、定植会から半月ほど経ちました畑の状態です。





      下佐曽利地区では定植会から数日の間にかなりの大雨が続き、危うく畑が水没してしまうところでしたが、なんとか排水が間に合い第一の危機を脱したところです。

      オーナーの皆さまに植え付けて頂いた苗も、葉っぱが増え、やや背丈も伸びてきました。
      今のところ順調に成長しております。



      見た目にはわかりませんが、土の中では根っこが大きく広がろうとしています。
      根っこが育つためには、水を与えすぎないこと、そして人間と同じように酸素が必要になってきます。

      なので土が乾きやすくなるように、水はけが良くなるように、また酸素を取り込みやすくなるように、固まってしまった土を耕して砕いてやります。
      そして根っこの成長に必要な肥料も、ちょっとだけ足してやります。



      更に今度は一株一株に土を被せてやります。



      大豆類は成長に合わせて土を被せてやると、どんどん新しい根っこを生やしていきます。





      これで根っこが広がれば、今度は地上部分の木が一気に成長します。

      順調にいけばですが。





      【定植会当日のご案内】黒大豆枝豆オーナー制度定植会

      2020.06.12 Friday

      0
        黒大豆枝豆オーナーのみなさまへ

        予定通り定植会6月13日(土)を開催致します。

        ◎定植会当日の連絡先◎
        下佐曽利楽農組合
        担当:南
        080-5638-0831
        (定植会当日13(土)8:00〜)

        【黒大豆枝豆オーナー制度】定植会のご案内

        2020.06.10 Wednesday

        0
          黒大豆枝豆オーナー制度定植会のご案内

          この度は、黒大豆枝豆オーナー制度にお申し込み頂き、ありがとうございます。
          さて標記の件につきまして、JA兵庫六甲より郵送にてご案内しております通り、定植会を「新型コロナウイルス感染症にかかわる兵庫県対策方針」に準じ、適切な感染防止対策を講じて開催致しますので、ご協力の上ご参加くださいますようお願い申し上げます。

          【黒大豆枝豆オーナー制度定植会】
          1.開催日時
          令和2年6月13日(土) (予備日翌14日(日))
          ◎午前の部 10:00〜11:30 (駐車場開場9:00)
          ◎午後の部 13:00〜14:30 (駐車場開場12:00)
          ※雨天決行(6/10現在、当日は雨予報となっておりますが、予定通り開催致します)
          ※上記時間外の受付はお受けしません。

          2.受付場所
          宝塚市下佐曽利森脇(琴平神社)
          ※駐車場住所:宝塚市下佐曽利山城

          3.持ち物
          ・汚れても良い靴(長靴)※雨が止んでいても畑の中はぬかるんでいます。
          ・軍手などの手袋
          ・ジャガイモ持ち帰り用の袋(レジ袋など)
          (・定植用のスコップ(移植ゴテ)※受付にて竹棒(穴掘り、植え付け間隔を計れるもの)の貸し出しを行います。)

          4.新型コロナウイルス感染防止に際してのお願い
          ・会場内ではマスクを着用してください。
          ・お弁当を食べる、会場周辺の散策や虫取りなど、長時間の滞在はご遠慮ください。
          ・社会的距離を確保するにあたり、組合スタッフによる畑内での植え付け指導は控えさせて頂きます。なお、はじめて植え付けをされる方には感染防止対策を講じた上で植え付け指導を行いますので、受付の際にお申し付けください。

          5.定植会当日の連絡先
          ※定植会当日はJA兵庫六甲ではお電話をお受けできません。
          定植会当日は下記までお問い合わせください。
          下佐曽利楽農組合
          担当:南
          080-5638-0831
          (定植会6/13(土)当日 8:00〜)

          6.その他注意事項
          ◎開催日時の都合が悪い場合は、必ず事前にJA兵庫六甲宝塚営農支援センター【電話:0797-91-1565 担当:上殿(うえどの)】までご連絡ください。
          ◎会場駐車場は、午前の部は9:00まで、午後の部は12:00までそれぞれ入場できません。また、会場へ早めに到着された場合にも、開催時間前の受付はお受けできません。
          ◎駐車台数に限りがありますので、なるべく乗り合わせてお越しください。
          ◎会場にゴミ箱はありません。ゴミは必ずお持ち帰りください。
          ◎組合による代理の植え付けはお受けできません。定植会には必ずご参加ください。


          現在、苗と畑を急ピッチで準備中です!





          モデル園の近況【玉ねぎ収穫】

          2020.06.10 Wednesday

          0
            グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


            ☆最新空き区画状況☆


            農園からのお知らせメールを配信しています


            新型コロナウイルスの感染拡大防止にあたっての利用者みなさまのご協力に、農園スタッフ一同心より感謝申し上げます。
            兵庫県内の緊急事態宣言は解除された状況ですが、マスク等の着用、共用農具を使用する前後の手洗い、休憩所での利用者様同士の密を避けるなど、引き続きご協力をお願いいたします。


            それではこんばんは。スタッフ2号です。
            利用者さんから「コロナでブログ更新も自粛中ですか?」と聞かれましたが、単にサボっていただけでございます。
            ようやく、クソ忙しい状態から「やや」クソ忙しい状態に落ち着いてきましたので、久しぶりにモデル園の近況を更新します。

            【玉ねぎ】を収穫しました。
            アトンを5月末に、ネオアースともみじ3号を6月頭に収穫しています。
            どの品種も、首部分の水分が抜けて葉が倒れたら収穫時期です。





            トウ立ちもゼロ株で安心していましたが、ひと株だけ分球してしまったものがありました。



            玉ねぎが分球してしまう原因は、
            ・種まきが早い
            ・冬の間に大きくさせてしまった(元肥が多いor追肥時期が早い。もしくは両方)
            だそうです。

            モデル園の場合は追肥がやや早かったのかもしれません。
            ただ、追肥の遅れはトウ立ちの原因になることと、分球したのもひと株だけだったということで、特に栽培方法を改善するほどでも無いかと思います。
            モデル園で100株、我が家の自家消費用の畑で250株。計350株中のひと株だけの分球でしたので、イレギュラーとして無視しておきます。

            さて、今年は大玉品種「アトン」の栽培に挑戦された方がたくさんいます。
            中には一球800グラムを超えた方もいたようです。
            普通の玉ねぎがだいたい400グラム前後ですので、800グラムは強烈なインパクトです。
            特に球の肥大期である4〜5月にかけての水やりを小まめに行って頂いた成果かと思います。
            モデル園は植え付けから収穫まで一度も水やりをしていませんが、それでも600グラムを超えます。
            大きくなると味が落ちる品種ではありませんので、是非来期も挑戦して頂けたらと思います。
            目指せ800グラムオーバー!




            【ジャガイモ】
            予想よりも早く木が倒れてしまいました。



            まだ下葉が枯れはじめていませんので、通常ではなく、木が徒長したことによる倒伏だと思います。
            ジャガイモが徒長する原因は、
            ・元肥が多い(特に窒素)
            ・日照不足
            あたりでしょうか。
            モデル園は前作が葉野菜でしたので、窒素分が多く残っていたのかもしれません。
            ちなみに元肥には普通の化成肥料を使っています。
            窒素分が少ない芋類専用の肥料を使っていたら防げた徒長かと思います。

            試し掘りをしてみました。



            珍しく土寄せなんかもしましたので、芋の大きさもまずまず。
            ソウカ病も発生しておらず、キタアカリ特有の薄くツルツルの皮をキープできました。
            もうしばらく葉が枯れはじめるのを待って、梅雨の晴れ間に収穫することにします。

            【空豆】

            失敗しました。



            4株からまともに収穫できたのは20サヤほど。
            あとはほとんど膨らまずに枯れはじめています。

            4月頃に利用者さんから追肥をしたほうが良いとの助言を頂いていたのですが、別に大丈夫やろうとほったらかしにしておりました。申し訳ありません。

            豆類も追肥が大事です。