夏野菜の植え付け

2019.05.05 Sunday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは、スタッフ2号です。
    ゴールデンウィーク終盤、みなさま如何お過ごしでしょうか。

    下佐曽利も急激に暑くなってきました。
    まだまだ身体が暑さに慣れていない時期です。
    農作業中はこまめな水分補給を! 無理して体調を崩さないよう、ご注意くださいませ。


    さて、先日は草刈り機が壊れたとご報告しましたが、今度は自走式の草刈り機がぶっ壊れました。



    さらに愛機のユンボもぶっ壊れました。



    とりあえず農機具屋に応急処置してもらいましたが、当然、部品の納入は10連休明けということです。
    まぁこれも「あまりあわてるな」、とのお達しだと前向きにとらえて、たまには機械作業を休んでのんびりと夏野菜の植え付けなんかをしてみました。

    そんなわけで、夏野菜の植え付けについてぐちぐちと呟いてみます。
    あくまでも私のやり方です。テキトーに読み流してください。

    まず、夏野菜は「苗を植える2時間前にたっぷり水やりをしておく」のだそうです。
    家で水やりをして、びしょびしょの苗を車に積んで農園へ行くのか、または農園で水やりして、2時間待ってから植えるのか。

    そんなもんやってられません。

    植える直前にポットごとバケツにぶち込んでしまいます。



    水に浸けるのは一瞬で十分です。あまり浸け過ぎると土が崩れます。

    そして「浅植え」にする。



    ポットから出した苗、これを全部土に埋めてしまわないで、半分くらい出た浅植えにします。
    夏野菜は浅植えにしたほうが根張りがよくなると言われます。


    あとは野菜ごとに呟いてみます。

    【トマト】
    ポットごと植えます。



    トマトは水も肥料もよく吸います。
    水を吸い過ぎるとトマトの実が割れたり、肥料を吸い過ぎると木が大きくなりすぎたりします。
    これを防ぐために、あえて根の成長を抑制してやります。

    しかしある程度は根っこ(特に主根)が伸びるように、ポットの底に切れ込みを入れておきます。



    ポットごと植えはセンチュウに寄生されにくいというメリットもあります。


    【ズッキーニ】
    利用者さんから、「場所をとるから1株くらいしか植えられない」と聞いたことがあります。
    確かに農園のような限られた面積では敬遠されがちな野菜です。

    一般には地面に這わせて育てますが、他の夏野菜と同じように支柱を使って上へ上へ育ててみます。
    ただし普通に主枝と支柱を結ぶわけではありません。

    ズッキーニは主枝から特徴的な太い枝を出してその先端に葉をつけます。
    この枝と葉の境目あたりを支柱で固定してやる方法です。
    主枝を固定してしまうと、強風が吹いたときに激しく揺れて折れてしまうようです。葉と枝の境目を固定してやったほうが、ゆったりと木全体が揺れて耐えるのだとか。

    なので株から20センチほど離れたところに支柱を立てて待機させておきます。



    このやり方なら株間7〜80センチでいけます。
    上へ上へ育てれば泥はねを防げるメリットもあります。
    イメージ的にはオクラと同じような育て方です。

    ついでに寒さ避けと虫よけに「あんどん囲い」に。




    そんなわけで【オクラ】
    オクラ苗を買った場合、おそらく1ポットに4〜5本生えているかと思います。



    これをこのまま植えて、成長に合わせて間引きして1〜2本残すか、1本ずつに分解してから植える(これは根を痛めるのでオススメしません)かが一般的かと思います。
    が、間引きも分解もせずにいきます。
    しかも株間は20センチほど。かなりの密植状態です。



    オクラは花が咲いてから収穫までがあっという間です。ついつい収穫しそびれます。
    密植状態にしておくことで、あえて草勢を抑えてやる。すると不思議と実の成長も穏やかになります。

    あと、4〜5本にしておくと側枝の発生も抑えられ、また風が吹いても倒れにくくなります。(さすがに台風には耐えられませんが)

    三矢の教えならぬ4〜5オクラの教え。
    今のところこの方法のデメリットは思い当たりません。


    【きゅうりやゴーヤのツルもの】
    ツルもの野菜の便利アイテム「きゅうりネット」。
    使われる方も多いと思います。

    きゅうりネットを使うときは裾の部分を強くピンと張る。



    たいていの商品には、この裾の部分に通すロープが付属されていますが、入っていないのもあります。
    入っていない場合はビニール紐でも何でもいいので必ず張っておく。
    この裾部分が風でひらひらしてしまうとなかなかツルが絡んでくれません。
    特にきゅうりは本来はカボチャなんかと同じ、地這いの野菜です。ネットに絡まないとどんどん地面に伸びていきます。そしてあっという間に泥はねで病気になってしまいます。
    少しでも早くネットに絡んでもらわないと厄介です。


    あと、ツルもので一番面倒なのが支柱をたくさん使うということです。
    これから台風もやってきますので、支柱をしっかり頑丈に組んでおかないといけません。

    支柱同士を結束する、他には支柱と野菜の枝を結束する。
    そんなときは紐やワイヤーを使いますが、強固に結ぶときは「8の字」に結ぶ。



    逆にズッキーニのようにふんわり結束するときは、「0の字」に結ぶ。



    そんなところです。


    ついでにモデル園の【じゃがいも】



    かなり茂ってきましたので「芽かき」しておきました。



    植える予定の「落花生(おおまさり)」の種も蒔いておきました。



    土づくりはまだです。


    ソメイヨシノ満開です

    2019.04.09 Tuesday

    0
      只今、ソメイヨシノ満開です。





      2018.09.23 Sunday

      0
        グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


        ☆最新空き区画状況☆


        農園からのお知らせメールを配信しています


        お久しぶりです。スタッフ2号です。
        すっかりモデル園の近況をサボっておりました。
        申し訳ございません。


        (わりと甘く上手にできたトマト)


        (水不足で激辛だった夏大根)

        なかなか手が回らず、ほとんど手入れ出来ませんでしたが、収穫だけはしておりました。

        トマトのポットごと植えもしっかり主根が伸びてます。



        今年の夏は全く雨が降りませんでしたので、裂果の評価は出来ませんでした。
        来年再チャレンジします。たぶん。


        そんなわけで下佐曽利地区はすっかり秋です。



        皆さま冬野菜の準備はお済みでしょうか。
        下佐曽利組合も冬野菜の世話をしたいところですが、稲刈りシーズン真っ只中ということでなかなか手が回りません。

        今年は年明けの大寒波から始まり、豪雨に猛暑に台風と、野菜はもちろんですがお米にとってもかなり過酷な環境になっています。
        加えてこの9月は「記録的な日照時間の少なさ」だそうで・・・、田んぼがなかなか乾きません。
        下佐曽利組合に稲刈り委託が来るのも水浸しの田んぼばかりです。

        しかも台風で稲も倒れています。



        水浸しで稲が倒れるくらいなら大したことはありませんが、もともと土が柔らかい田んぼの場合は稲が縦横無尽に倒れます。



        こうなると私のような下手くそには超超超難度の稲刈りです。
        激しすぎてズボンも破れます。



        でもこういう粘土質の黒土の田んぼでは美味しいお米が採れるのだそうです。



        まぁ私個人的には硬く乾いた田んぼで楽しく稲刈りをしたいものですが。

        そんなわけで下佐曽利の美味しいお米をお求めの際は農園スタッフまで!



        年末のご挨拶

        2017.12.29 Friday

        0
          グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


          ☆最新空き区画状況☆


          農園からのお知らせメールを配信しています

          早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
          利用者の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

          本年は格別のご愛顧を賜り、また沢山の新しいご縁をいただき、心より厚くお礼申し上げます。
          これからも皆さまの「おいしい野菜」づくりを、スタッフ一同微力ながらお手伝いさせていただきます。

          来年も変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

          下佐曽利農園管理組合

          暑中お見舞い申し上げます

          2017.08.02 Wednesday

          0
            グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


            ☆最新空き区画状況☆


            農園からのお知らせメールを配信しています


            暑中お見舞い申し上げます。

            毎日暑い日が続いておりますが、皆様お元気でお過ごしでしょうか。
            下佐曽利地区はお米も穂が出始め、雑草も元気よく育ち、スタッフ一同草刈りに追われる日々です。
            まだまだ厳しい暑さが続きますが、皆様もどうかご自愛下さいませ。

            下佐曽利農園管理組合


            (7/29撮影 コシヒカリの穂)


            改めて暑中お見舞い申し上げます。スタッフ2号です。

            言葉が悪いですが、ほんとクソ暑いですね。
            もう何回皮が剥けたかわからないくらい日焼けしております。
            皆さんも日焼け対策はもちろん、水分補給、塩分補給にも気をつけて安全第一の農作業をお願いいたします。

            さて、今年は(今年も?)猛暑ということでお米の成長が早いです。あっという間に穂が出始めました。
            この時期はお米の大敵である「カメムシ」の住み処となるイネ科雑草と葛の除去と、殺虫作業が重要になります。

            ということで、7月末に下佐曽利組合のみんなで草刈りをしました。


            (7/29撮影 お米の田んぼの草刈り)

            真夏の草刈りは無理をすると墓場行きです。
            なのでちゃんと1時間ごとに休憩をとって、塩飴も舐めながら安全第一で作業しています。
            私個人的には、草刈り後に水風呂に浸かりながら角ハイボールをイッキ飲みするのを楽しみに、それだけを励みに作業しております。

            そんな下佐曽利組合のみんなが育てる酒米「山田錦」。
            今年も順調に育っております。


            (7/29撮影 「乙女の舞」山田錦)

            今年は宝塚市の公報にPR動画も作ってもらいました。(農園スタッフも登場します)
            ↓↓↓↓↓
            「乙女の舞」ができるまで(YouTubeへ飛びます)

            昨年の稲刈りから約7ヶ月かかって完成した「乙女の舞」
            ◎宝塚阪急
            ◎万代(宝塚中筋店・逆瀬川店・東洋町店)
            ◎イズミヤ(小林店)
            ◎佐曽利消費生活協同組合(農園から車で2分)
            ◎川合酒店(逆瀬川)

            で販売されております。

            又は農園スタッフまでお問い合わせください。

            角ハイボールも良いですが、たまにはキリッと冷えた冷酒もいかがですか。

            空梅雨です

            2017.06.19 Monday

            0
              グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


              ☆最新空き区画状況☆


              農園からのお知らせメールを配信しています


              こんばんは。スタッフ2号です。

              梅雨入り宣言から2週間ほど経ちました。
              相変わらずカラッカラの夏日が続きます。
              畑の中は歩くだけで砂ぼこりが舞うほどです。


              ぼちぼちサツマイモの定植が終わった頃でしょうか。
              乾燥した日が続くこともあり、つる苗の葉っぱが枯れてしまうと「失敗か?」と疑われがちです。
              例えばマルチを敷いて定植した場合は葉っぱがマルチに貼り付いて枯れやすくなります。

              ですが苗の状態でついていた葉っぱはどうせ枯れてしまうものです。茎が生きていれば大丈夫です。
              これから新芽が出てきますのでご心配なく!

              ただし、土壌があまりにも高温乾燥しすぎると立ち枯れ病(葉っぱが黄色くなって枯れる)が発生しやすくなるようです。
              この場合は定植からなるべく早いうちに消毒しましょう。
              消毒が遅れると芋の奇形の原因となります。


              さて、そんな梅雨入り詐欺の中、下佐曽利組合では恒例の黒大豆定植会を開催しました。


              (6/17撮影 黒大豆枝豆定植会)

              今年も多くの方々にお集まりいただき、また多くのボランティアの方々にも運営のお手伝いをしていただきました。
              ありがとうございました。

              雨に降られることが多い定植会ですが、今年は快晴でした。


              (6/18撮影 モデル園の黒大豆)

              例年ならまず必要のない定植後の「水やり」も必要です。


              さてさて、どうやら今週半ばから梅雨空になるようです。

              多くの作物には恵みの雨ですが、トマトにとっては要注意です。


              (6/18撮影 スタッフ2号宅トマト)

              急激な吸水は裂果の原因となります。
              土壌に染み込む水は仕方ありませんが、葉や実にかかる雨を防ぐことで多少の予防になります。

              最近はトマトに雨避けビニールを張るのが流行りです。


              ゴールデンウィーク!

              2017.05.01 Monday

              0
                ☆最新空き区画状況☆


                農園からのお知らせメールを配信しています


                4/23(日)、春の栽培講習会を開催しました。



                早朝よりお集まりいただき、ありがとうございました。
                栽培講習会で使用しました資料と、JAからいただいた夏野菜作りの冊子を農園事務所に置いています。
                ご自由にお持ち帰りください。


                それではこんばんは。スタッフ2号です。

                ゴールデンウィーク!快晴が続いております。
                下佐曽利も新緑が眩しい季節です。





                4月の最終週に遅霜が降りましたが、さすがにもう霜の心配はないでしょう。

                とは言うものの、朝晩はまだまだ冷え込みます。
                下佐曽利では夏野菜苗の定植にはゴールデンウィーク明けがベストタイミングとなりますが、今の時期に種から発芽させる場合はビニールトンネルなどを施す必要もあります。
                カボチャやスイカなど、株間が広大な作物にビニールトンネルを張るのは無理やろ?というときは、トンネル支柱2本とビニール袋を使ってテントを作ってやります。



                気温が上がる日中は蒸れますが、あまり気にしなくてもいいようです。


                (栗カボチャ:4/29撮影)

                ホームセンターなどには専用の「苗ドーム」も売られています。


                (黄色小玉スイカ:4/29撮影)

                ということで、もうしばらくは朝晩の冷え込み対策をお願いいたします。


                さて、下佐曽利の農家では田植えの準備で大忙しです。



                兼業農家にとって、ゴールデンウィークは貴重な農作業週間です。
                あちこちの田んぼでトラクターが唸りを上げております。

                私は今年も新たな遊休地の開墾に挑戦しています。



                一見きれいな水捌けの良い田んぼですが、遊休地というものは誰かが"諦めた"田んぼです。
                なんやかんやで問題が隠れています。
                この田んぼは前オーナーがかなりアグレッシブに耕していたようで、土が四隅に寄ってしまっています。大型トラクターで耕す場合にありがちな問題です。



                このままでは水田になりません。
                几帳面な人は手作業で土を削りますが、私はできるだけ可能な限り楽したい派です。

                トラクターのロータリー刃を逆回転させて強引に削りとります。



                なかなかスッキリしませんが、これ以上トラクターで削ってしまうと土が細かくなりすぎます。
                米作りに適した土を保つには耕し過ぎは厳禁です。
                また、細かい凸凹というものも田んぼに水を入れてみないとわかりません。そして一旦水を入れてしまうと修正はできません。

                田んぼの土を移動させるというのは一朝一夕にはいかないものです。
                来年再来年にかけて少しずつ修正していきます。

                田んぼをきれいな状態に保つというのはなかなか難しいです。




                田んぼの中でこんなものを拾いました。



                鹿の角です。
                鹿は稲の新芽が好物だそうです。
                今年も野生動物による獣害に注意です。



                可愛いけど・・・害獣です

                2017.04.23 Sunday

                0
                  お久しぶりです スタッフ1号です

                  先日 家の前の川で大きなネズミのような生き物を見かけました
                  よく見るとヌートリアでした


                  ヌートリアは 哺乳類の一種で池や川の岸辺に住み 野菜を食べたり巣穴を掘ったりします
                  間もなく米づくりのため 田んぼに水をはるので 畔が壊されては大変です
                  早速オリを借りてきて 捕獲を試みました(エサは人参です)

                  2週間後のきのう 捕獲できました
                  夕方に 猟友会の方に引き取ってもらいました


                  ヌートリアは 外来種で 昭和のはじめ頃から輸入され飼育されるようになり、その後野生化し 増えていったようです
                  これも人災ですよね・・・

                  花の里・西谷

                  2017.04.08 Saturday

                  0
                    春の栽培講習会のご案内


                    ☆最新空き区画状況☆


                    農園からのお知らせメールを配信しています


                    こんばんは。スタッフ2号です。

                    生暖かい雨が続いております。
                    こういうときは野菜の病気が発生しやすくなります。
                    ご注意くださいませ。

                    下佐曽利では今年も田植えの準備が始まりました。

                    雨の合間を狙って、田起こしや草刈りに追われています。



                    今はちょうど種籾の消毒時期です。


                    (種籾消毒&発芽マシーン)

                    専用の機械を使って種籾を消毒します。
                    天然由来成分の薬剤を使う、または化学合成薬剤を使う、いずれにしてもちゃんと消毒しないと美味しいお米は作れません。

                    このあと播種(種まき)、育苗期を経て、5月には田植えが始まります。

                    今年も下佐曽利の「おいしいお米」と「おいしいお酒」をよろしくお願いいたします。


                    さて、いつになるのか知りませんが…、もうじき新名神高速道路の「宝塚北スマートインターチェンジ」が開業します。
                    それに伴い、西谷地区へ訪れる人が増える見込みです。
                    そんな西谷地区を訪れる方々へのおもてなしとして、地域ブランド「花の里・西谷」が誕生します。



                    既存の大自然に加え、新たに主要施設や遊休地に花や木を植えて整備し、イベントなどの観光企画を実施して地域振興を図るものです。

                    良いことだと思います。特に西谷地区の農業従事者にとっては、遊休地の管理に新しい道筋ができたことは歓迎です。
                    投げっぱなしジャーマン政策にならないよう、新市長には気張っていただきたいですね。


                    そんなわけで、西谷地区では「花の里・西谷」へ向けた整備が進んでいます。

                    西谷夢市場の周辺では桜と水仙の公園が整備されました。


                    (西谷夢市場裏・ごろく山里(さんり))


                    (西谷夢市場裏・ごろく山里(さんり))

                    西谷地区の桜(ソメイヨシノ)はようやく咲き始めた頃です。
                    畑作業のついでに、ぜひ覗いてみてください。


                    農園(下佐曽利)のソメイヨシノはようやく一分咲きといったところです。



                    満開は4月中旬ころの予想です。





                    ジャガイモ定植シーズン到来です

                    2017.03.25 Saturday

                    0
                      ☆空き区画状況(平成29年度募集版)☆


                      農園からのお知らせメールを配信しています


                      こんばんは。スタッフ2号です。


                      下佐曽利地区ではジャガイモ作りの準備が始まりました。
                      このあたりではジャガイモ畝にもマルチシートを張ってしまいます。

                      理由は、

                      …草刈りがめんどくさいからです。




                      さて、今週あたりから霜の降りない朝が増えてきました。
                      今がジャガイモを植えるには絶好のタイミングというわけです!



                      春植えの種芋は北海道産が多いのですが、昨年の台風の影響で市場に出回る量が少ないようです。
                      欲しい品種がなかなか手に入りにくいようですが、ぜひジャガイモ作りにチャレンジください。


                      ではちょっくら脱線を。

                      昨年の「日本酒」に続き、今年も新しい下佐曽利組合ブランドの品が誕生しました。

                      なたね油「なばなの一滴(ひとしずく)」です。



                      下佐曽利地区で育てた菜種(と下佐曽利組合員の汗)をダイナミックに搾った油です。
                      どうぞお見知り置きください。