空梅雨です

2017.06.19 Monday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。スタッフ2号です。

    梅雨入り宣言から2週間ほど経ちました。
    相変わらずカラッカラの夏日が続きます。
    畑の中は歩くだけで砂ぼこりが舞うほどです。


    ぼちぼちサツマイモの定植が終わった頃でしょうか。
    乾燥した日が続くこともあり、つる苗の葉っぱが枯れてしまうと「失敗か?」と疑われがちです。
    例えばマルチを敷いて定植した場合は葉っぱがマルチに貼り付いて枯れやすくなります。

    ですが苗の状態でついていた葉っぱはどうせ枯れてしまうものです。茎が生きていれば大丈夫です。
    これから新芽が出てきますのでご心配なく!

    ただし、土壌があまりにも高温乾燥しすぎると立ち枯れ病(葉っぱが黄色くなって枯れる)が発生しやすくなるようです。
    この場合は定植からなるべく早いうちに消毒しましょう。
    消毒が遅れると芋の奇形の原因となります。


    さて、そんな梅雨入り詐欺の中、下佐曽利組合では恒例の黒大豆定植会を開催しました。


    (6/17撮影 黒大豆枝豆定植会)

    今年も多くの方々にお集まりいただき、また多くのボランティアの方々にも運営のお手伝いをしていただきました。
    ありがとうございました。

    雨に降られることが多い定植会ですが、今年は快晴でした。


    (6/18撮影 モデル園の黒大豆)

    例年ならまず必要のない定植後の「水やり」も必要です。


    さてさて、どうやら今週半ばから梅雨空になるようです。

    多くの作物には恵みの雨ですが、トマトにとっては要注意です。


    (6/18撮影 スタッフ2号宅トマト)

    急激な吸水は裂果の原因となります。
    土壌に染み込む水は仕方ありませんが、葉や実にかかる雨を防ぐことで多少の予防になります。

    最近はトマトに雨避けビニールを張るのが流行りです。


    関連する記事
    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL