モデル園の近況

2018.12.06 Thursday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。スタッフ2号です。

    稲刈りから3ヶ月ほど経った田んぼです。
    来年の米作りに向けて耕しています。



    よく見ると、刈り取った跡に新しい稲穂が出ています。



    これを「二番穂」とか呼んだりしますが、稲刈り後の気温が高かったり、雨が多かったりすると出てくるものです。
    東南アジアあたりでは、これをもう一度稲刈りして食べたりします。

    日本の気候では籾が膨らむ前に気温が下がってしまうので、食べられるお米にまでは成長しません。
    まぁ、このまま熱帯化していけば冬の新米なんてのも出てくるかもしれませんが・・・。

    そんなわけで、師走に入ったというのに夏日やら蝉が鳴いたやらと騒がれております。

    モデル園の【キャベツ】にも季節外れの青虫がついています。



    ですが今週末の寒波には耐えられないでしょう。
    殺虫剤は吹かないことにします。



    キャベツは株ごとに成長のばらつきが結構出ます。
    もし球が小さい株が多くても、あわてて追肥する必要はありません。(キャベツの追肥は葉が巻くまでに!)

    球が大きい株は、暖かくなり始める2月中頃に一気にトウ立ちしてしまうことがあります。
    見た目はトウ立ちしていなくても、包丁で切ってみたら中で花が咲いてたなんてこともあります。

    夏蒔きのキャベツを冬越えさせる場合は、球が小さいくらいのほうが良いと思います。
    たとえ成長が遅れていても、外葉が大きくしっかり成長していれば、暖かくなったらちゃんと大きくなってくれます。



    焦らずに待ちましょう。


    続いて【太ねぎ】



    こちらも高温の影響が出ています。

    残念ながらベト病が発生しました。



    こんな感じで楕円形の病斑部が現れます。これはベト病の第二形態といわれます。
    第一形態は細かい斑点が出て、葉っぱ全体がカビっぽくなります。

    この第二形態が進行していくと、単純に枯れたような見た目になるります。他の病気との判別が難しくなります。
    今のうちにベト病適用の殺菌剤を吹いておきます。

    本来、夏植えの太ねぎは10月頃にベト病感染することが多いのですが、この時期の発病が冬の間にどうなっていくのか、私もよくわかりません。

    太ねぎは2月中頃まで収穫できます。
    一般にベト病は真冬の間は進行が一旦止まるとされますが、暖かくなりはじめる2月頃に一気に進行するはずです。
    緑の葉っぱの部分も美味しく食べるためにも、長く収穫するためにも、今のうちに治療しておくのがベターです。


    続いて続いて、新たに空豆と玉ねぎを植えました。

    【空豆】
    ちなみに空豆は初めて栽培します。
    というのも、空豆のマメマメしいマメ臭さがあまり得意ではありません。(酔っ払っていれば問題なく食べられますが)

    さて、空豆をはじめ、スナップエンドウなどの豆類は秋に種を蒔いて、冬越えさせて、春以降に収穫するのが一般的です。
    下佐曽利の気候だと、11月頭に種を蒔いて、11月中頃に畑へ定植するのが適当でしょうか。
    定植する時の苗は大き過ぎないものにします。
    だいたい3段目の本葉が開いた頃が定植適期です。

    大き過ぎる苗は霜に負けやすくなります。



    なるべく小さい状態で冬越えさせてやります。



    また、春以降のアブラムシの発生を考えて銀色マルチを使いました。銀色は虫除け効果があるとされています。
    毎年空豆を栽培されている利用者さん曰く、空豆は特にアブラムシがつきやすいそうです。

    またまた、冬越えに寒冷紗やビニールトンネルを施すのか、それともノーガードでいくのか、農園でもいろんな方法を見かけます。
    今季は暖冬予想なので、モデル園はノーガードでいってみます。

    とりあえず籾殻だけ撒いておきます。
    藁も敷こうかと思いましたが、後始末が面倒なので止めておきます。
    これでも苗が適した大きさなら霜に負けない、大丈夫なはずです。たぶん。


    【玉ねぎ】
    玉ねぎの病気が広がる条件は多湿環境です。
    通気性を良くしてやるために、株間を少しでも広くとってみます。

    モデル園の玉ねぎはマルチを使います。
    市販されている玉ねぎ用の穴空きマルチは株間15僂5条(列)植えのものが一般的です。
    今回は株間20僂4条植えマルチを使います。



    農協の倉庫の奥のほうから引っ張り出してきました。
    4条植えはあまり需要が高くないようです。



    あと、玉ねぎの水やり方法について、利用者さんから多くの質問をいただきます。
    モデル園の玉ねぎは、定植から収穫まで一切水やりしません。
    異常気象的な干ばつでもない限り、マルチを張っておけば水不足になるようなことはないと思います。
    特に貯蔵向けの品種の場合は、水不足気味に育てたほうが腐りにくい良い玉ねぎが収穫できます。

    コメント
    モデル園の近況 いつも楽しみにしています。
    ネギのベト病用殺菌剤(リドミル?)を小分け販売していただければ幸いです。
    • by 嶋田俊郎
    • 2018/12/11 8:53 PM
    嶋田様

    返事が遅くなり申し訳ございません。
    殺菌剤、新しいものを補充しましたのでご利用ください。
    なお、ネギにご使用になる場合は、収穫の30日前が散布期限となります。玉ねぎの場合は収穫の7日前まで散布可能です。
    ご注意ください。
    • by スタッフ2号
    • 2018/12/21 2:28 PM
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL