【黒枝豆オーナー制度】黒枝豆の生育状況

2019.07.22 Monday

0
    鬱陶しい梅雨も終盤。

    日中は蝉が賑やかに鳴きはじめましたが、まだ夕暮れには河鹿蛙の鳴き声が聞こえます。

    かろうじて涼しげです。



    黒枝豆のほうは、



    あっという間に雑草に埋め尽くされます。
    一般には除草剤を使うことが多いですが、極力使いません。

    小まめに草刈りをしていきます。



    気を抜くと枝豆ごと刈ってしまいます。
    そんなことにならないよう、責任を持って草刈りします。なかなか人任せにはできない作業です。



    葉っぱも大きくなりました。
    収穫会の時に見覚えのある葉っぱかと思います。



    普通の枝豆なら、これくらいの木の大きさで花が咲き、実が着きはじめますが、黒枝豆はまだまだ更に大きくなります。



    その大きくなるまでに、またいろいろ世話をしてやらないといけませんが、それは梅雨が明けてから。
    雨が多い時期は土を触らないのが鉄則です。
    梅雨明けまでは草刈りと害虫駆除。これで黒枝豆のご機嫌を伺っていきます。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL