モデル園の近況

2019.09.12 Thursday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。スタッフ2号です。

    ついに稲刈りが始まってしまいました。
    超農繁期です。



    日照不足の影響もさほど無く、順調な稲刈りシーズンの始まり・・・と行きたいところですが、どうも近隣市町では「ウンカ」の被害が出ているようです。

    「ウンカ」。
    野菜作りでは耳馴れない言葉かもしれませんが、イネ科に発生する害虫の名前です。
    ウンカにも、アブラムシのように病気を媒介するタイプや、カメムシのように葉や茎から吸汁するタイプやらいろいろいます。
    今回のトレンドは、局所的に大発生して、稲を枯らしてしまうトビイロウンカの発生です。厄介なヤツです。

    このトビイロウンカは江戸時代の「享保の大飢饉」の原因ともされています。
    昔なら致命的な、今でも大発生すると大変なことになる、イネにとっての大敵です。

    幸い、西谷地区では今のところ目立つ発生も無く、米騒動や一揆の心配も無さそうですが、あまりのんびりしていられる状況ではありません。
    夜露が乾くか乾ききらないかのうちに、目一杯で稲刈り中です。



    乾燥機もフル稼働。
    電気代と灯油代がどえらいことになります・・・。



    ではモデル園の近況です。

    【落花生】
    子房柄が伸びはじめました。



    このタイミングでカラス避けのネットを被せておきます。



    落花生の収穫タイミングは葉が枯れ始めた頃と言われますが、茹で落花生として食べるなら少し早めに収穫したほうが美味しいみたいです。
    なかなか見た目では判断しにくいので、花が咲いた時から85日を目安に収穫します。
    この花が咲くというのは、満開ではなく、一輪でも咲いた日から数えて良いそうです。
    モデル園はお盆あたりに満開になりましたが、7月頭頃にはちらほら咲き始めていました。なので7月頭から85日。9月下旬頃に収穫かと思います。

    【大根】
    夏大根のリベンジに冬大根を植えます。

    数週間前に畝を立てておいた場合、うっすら雑草が生えます。



    種まきの前に表面だけ軽く耕しておくと、次に雑草が生えてくるまでの時間を稼げます。間引きの時に雑草が多いとかなり面倒です。必ずやっておきましょう。



    利用者さんから、ペットボトルを使った大根栽培を教えてもらいました。
    深く耕して高畝を立てて、長〜い大根を作るってのはなかなか大変です。
    そこで、ペットボトルを使って高畝の代わりにします。



    2リットルペットボトルの上下を切って筒状にしたものを畝に立てています。
    横穴は開けていません。水はけが良い土なので大丈夫でしょう。

    あいにく、2リットルペットボトルのハイボールってのが売ってなかったので、お茶のペットボトルです。
    なので大した本数も集まらず5本だけ。とりあえず実験的にやってみることにします。


    【白菜、キャベツ】
    白菜は株間を広めにとり、キャベツは狭めにする。
    とか言われますが、どっちも45〜50センチでも空けておけば問題なしです。





    キャベツは40センチくらいで密植させたほうが葉の巻きが良いとも言われます。
    ただ、白菜はキャベツに比べて根っこがデリケートです。株間が極端に狭いと成長が遅れます。成長が遅れると葉が巻かないことがあります。

    苗を植える前日に殺虫剤を灌注処理しています。
    (灌注処理=作物を定植する前、つまりセル苗やペーパーポットでの育苗期の後半に、所定の倍数に希釈した薬液を、ジョウロ等で通常の灌水と同様の方法で処理する散布方法のことである。 これにより、定植後に長期にわたって安定した防除効果をもたらす)Wikipediaより



    今後は、定植から10日後頃に1回目の追肥と中耕をし、それから葉の成長具合を見て、2回目の追肥を検討します。白菜の2回目の中耕は根を傷める恐れがあるので行いません。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL