モデル園の近況

2019.10.31 Thursday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。スタッフ2号です。

    いつの間にか稲刈りが終わりました。



    コンバインを掃除して、また来年の稲刈りに備えます。
    この掃除がかなり面倒なのですが、機械の中にワラや籾殻が残ってしまうと、ネズミが住み着いて大変なことになります。
    あまり詳しくは書きませんが、ネズミが住み着いたまま稲刈りをすると、お米と一緒にネズミも脱穀してしまい・・・。そんな大変なことになってしまった農家も今年はありました。
    面倒ですが、隅々まで綺麗にしないといけません。

    寒くなってくると、ロッカー室にもネズミが引っ越してきます。籾殻などをビニール袋で保管している方は、何らかの対策をお願いします。


    さて、先日は「にしたに秋花火」にお越し頂き、ありがとうございました。
    大本営発表では2,000名以上のご来場とのことです。
    上佐曽利の人口が約250人。下佐曽利にいたっては人口約80人。佐曽利合わせて300人ちょっとという集落です。
    この地にこれほどの人が集まったのは、おそらく有史以来初の出来事ではないでしょうか。

    私のほうは運営側の特権とでも言いますか、かなりの至近距離から花火を見物できると喜んでいたものの、近すぎて火の粉が降ってきて見上げられないという残念な結果でした。
    音だけ堪能してきた次第です。



    まだまだ11月もイベント事が続きます。

    11月3日(日)は「西谷収穫祭」10:00〜15:00@夢プラザ。

    そして11月9日(土)は「農園収穫祭」10:00〜。
    品評会出品野菜のご準備をお願いいたします。


    ではモデル園の近況です。

    【大根】【白菜】【キャベツ】。
    それぞれ順調です。















    これまでの管理を整理しておきますと、

    【大根】
    9/8 種まき(直蒔き)
    9/29 間引き・追肥・殺虫剤散布

    【白菜】【キャベツ】
    8/8 種まき(セルトレイ)
    9/8 定植・殺虫剤灌注処理
    9/22 追肥
    9/29 殺虫剤散布
    10/6 追肥(2回目)



    そして今回改めて殺虫剤を散布しました。

    【大根】【白菜】【キャベツ】
    10/27 殺虫剤散布

    殺虫剤にもよりますが、だいたい1ヶ月前後は効果が続きます。
    大根、白菜、キャベツに共通して発生するのが、コナガ(蛾)、モンシロチョウなどのいわゆる青虫類、ヨトウムシなどの芋虫類。これらによる食害跡は、葉っぱに大きな穴が空きます。葉脈(繊維)も残らず食い尽くすのが特徴です。
    あとはダイコンハッパムシ(ダイコンサルハムシとかダイコンハムシとも呼びます)による食害。これの食害跡は、葉っぱが網状(メッシュ状)になるのが特徴です。
    これらの害虫に適用のある殺虫剤を散布しています。代表的なものに「プレバソン」や「ベネビア」など。



    これらの害虫はだいたい11月中旬〜下旬頃まで発生します。(昨年のような暖冬では、12月下旬まで発生します)

    殺虫剤を使用する場合は、必ず適用する作物品種と害虫名が明記されているものを使うことと、害虫の発生期間を想定して、使用回数制限内に収まるよう、計画的に使用してください。



    自分で食べるものはもちろんですが、家族や友人が安心して美味しく食べられる野菜を育てるために農薬を使う。
    農薬の使い方は、生産者の倫理観に委ねられます。

    コメント
    コメントする
    トラックバック
    この記事のトラックバックURL