モデル園の近況

2019.03.10 Sunday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。近ごろ農機具屋巡りを趣味としておりますスタッフ2号です。



    今は小さなトラクターでもキャビン仕様(屋根とドアが付いたもの)が当たり前になってきました。エアコン・ステレオ・ブルートゥース付き、耕運の仕方もタブレット端末で設定するという。
    なんともラグジュアリーな仕様です。
    これなら花粉も気にせず、夏の作業も快適です。

    欲しいですね。
    しかし小型機種ですら高級車並みのお値段。無理です。

    という訳でトラクターは諦めて、耕運機のほうを新調しようかと企んでおります。



    せっかくなので、タイヤとハンドルをカスタムしたり、ギヤ比も調節してもらったりと農機具屋さんに無理難題をぶつけているところです。
    もちろん馬力は一番高いものを。男は馬力で勝負です。


    さて、無駄話は止めにしてモデル園の近況。

    玉ねぎに殺菌薬を散布しました。



    まだ病気が発症している訳ではありませんので、予防目的です。
    (殺菌薬を使用する際は、用法、特に適用回数を必ず守ってください)


    モデル園の玉ねぎにはところどころ成長が悪い株があります。



    これは定植後に根が浮いてしまい、活着が悪かったものです。
    こうなってしまったものはほぼ手遅れです。
    収穫適期になってもピンポン球サイズにしかなりません。(それでも十分食べられますが)

    また根が完全に露出してしまったものは、霜に負けて跡形もなく消えてしまいます。



    こうならない為にも、定植後は小まめに埋め戻しをするようにします。
    サボるとモデル園のようになります。


    さてさて、じゃがいも畝の準備もしました。

    その前に。
    写真は3/9(土)早朝の農園です。





    暖冬といわれていますが、まだまだ霜でガチガチに凍ります。
    霜に負けてしまわないためにも、できれば3月中旬〜下旬の定植をオススメします。

    が、定植が遅くなれば収穫も遅れます。
    じゃがいもの収穫は必ず晴れた日に行うのが鉄則です。雨降りに収穫したり、収穫後に水に濡れてしまうと貯蔵性が悪くなります。一週間ももたずに腐ります。

    3月中旬に定植したものは梅雨時がちょうど収穫適期になってしまいます。

    なんとも上手くいかないものです。

    モデル園は3月末に定植し、梅雨前に早掘りすることにします。
    芋が十分に肥大するまで待ちたいところですが、下佐曽利の気候では遅植えにして早掘りするのが失敗するリスクが少ないかと思います。



    あと、じゃがいもにシルバーマルチを使ってもよいか?との質問がありました。

    銀色のマルチシートは害虫避け(特にアブラムシ避け)に効果があるとされています。
    じゃがいも栽培にぴったりと思われがちですが、

    【黒マルチ】
    ・日光を吸収して地温を上げる

    【銀マルチ】
    ・日光を反射して地温上昇を抑制する

    という大きな違いがあります。
    じゃがいも栽培には地温の高さが重要になります。
    黒マルチで地温を上げてやる方法が主流です。




    ついでにご報告。
    大変お待たせしました。

    壊れていた区画番地札、新しくしました。



    耕運機で番地札ごと耕してしまうということが頻発しております。
    私もよくマルチシートのピンなどを耕してしまうことがあります。
    ご注意くださいませ。




    【3/10更新】空き区画状況

    2019.03.10 Sunday

    0
      2019年度 新規オーナーを募集しています


      ご契約ありがとうございました。
      3/10現在、残り空き区画は2区画となっております。







      ◎お問い合わせ先◎

      TEL 080-5638-0831 (9:00〜18:00)
      e-mail shimosasori0831@ezweb.ne.jp (24時間)
      下佐曽利農園管理組合 担当:南

      ※受付は先着順とし、定員に達し次第募集を終了いたします。
      ※ご契約には印鑑が必要です。


      ご見学もお気軽にどうぞ!


      耕運機(管理機)に培土器を取り付けました

      2019.02.27 Wednesday

      0
        グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


        ☆最新空き区画状況☆


        農園からのお知らせメールを配信しています


        こんばんは。スタッフ2号です。

        下佐曽利はキャベツ収穫のピークです。



        このキャベツは「餃子一日百万個」でお馴染みの某店へ出荷され、一日百万個の餃子のうちの何個かになります。
        明日の昼ごはん晩ごはんは是非某店へどうぞ。

        ・・・餃子一日百万個は何十年も前のCMです。今は餃子一日何万個なのかは知りません。


        さて、冬野菜の収穫が終われば畑を耕すシーズンです。
        そこで畑を耕すのに便利な、また以前からご要望もいただいておりました、耕運機の「培土器(機)」を用意しました。



        培土器とか、畝立て器とか、谷上げとか呼んだりしますが、要は耕運機で簡単に畝を立てるためのパーツです。
        私は「谷上げ」と呼ぶことが多いです。
        普段、みなさんに説明する際も「谷上げ」と呼びますので、脳内翻訳をお願いします。

        使い方は、
        まず谷上げを装着せずに畑を耕します。



        谷上げで上手く畝を立てるための前準備として、
        ・土を柔らかく砕いておく
        ・耕運機のタイヤが轍にハマらないように平らにしておく(古い畝の跡を潰す感じ)
        そして、
        ・作業は土が乾いているときに行う
        ことが大切です。

        あとは谷上げを装着して耕すだけ。



        大きなトラクターから小さな耕運機まで、畝を真っ直ぐ立てるためのコツは、視線を真っ直ぐ前方に向けることです。
        どうしても足下を見てしまいがちですが、そうすると間違いなく曲がります。

        曲がった畝はマルチが張りにくかったり、支柱が立てにくかったりと、後々後悔することになります。
        なるべく真っ直ぐな畝を立てましょう。



        大きなトラクターで畝を立てる際は、谷を上げる(溝を掘る)と同時に土を押さえつけることにより、整形された畝を立てることができます。



        が、小さな耕運機で立てた畝はあくまでも簡易的なものです。
        鍬やレーキを使った手直しが必要になります。

        天板を平らに均したり、法面をちょっと叩いて固めてやったり、手直しをして完成です。



        取り扱いに馴れるまでは少し難しいかもしれませんが、馴れれば手作業の畝立てよりはるかに楽チンです。
        ただし、装着からセッティングまでがちょっとややこしい機械です。初めてご使用の際にはスタッフまでご連絡ください。
        ご遠慮なくお願い致します。
        08056380831(南)
        近日中に使い方講習会も開く予定です。
        よければご参加ください。


        あと、一輪車のタイヤも交換しました。



        開園から8年間、一度も交換しておりませんでした。申し訳ございません。

        新しいタイヤはオシャレに黄色。




        暖かくなると同時に、雨も多い季節です。
        「春に三日の晴れはなし」と言われます。
        春の土作りは余裕をもって計画的に!

        モデル園の近況

        2019.02.19 Tuesday

        0
          グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


          ☆最新空き区画状況☆


          農園からのお知らせメールを配信しています


          こんばんは。杉花粉を感じはじめました。スタッフ2号です。

          さて、早い人はぼちぼちジャガイモを植える時期かと思います。早い店だと1月末頃から種芋が売られるようです。
          どうしても焦ってしまいがちですが、下佐曽利の朝晩はまだまだ冷え込みます。まだまだ氷点下。まだまだ霜でガチガチに凍ります。
          深めに植えるか、3月中頃まで待つか、せっかく植えた種芋が凍ってしまわないようにご注意ください。

          モデル園もキャベツを処分してジャガイモの準備でもしておきます。





          キャベツの葉が赤くなる原因。
          ひとつは寒さに当たって変色したもの。葉が凍らないよう、キャベツ自身が糖分を作り出して凝固点を下げます。この過程で葉が変色してきます。まぁ、甘みが強くなってきたことを知らせるサインみたいなものです。
          もうひとつは肥料切れのサイン。
          特にリン酸が足りなくなると変色してきます。リン酸不足で気温が上がるとトウ立ちしやすくなると言われます。
          寒さのせいだと思って放置しておくと、一気に花が咲いてしまうこともあるのでご注意です。
          赤くなったものは暖かくなる前に収穫しましょう。

          収穫後は堆肥を混ぜて耕しておきます。土が乾きやすいように簡易の畦も立てておきます。



          モデル園のジャガイモは3月末頃に植える予定です。浅植えにするので、しっかり地温が上がる頃まで待つことにします。


          さて、玉ねぎの追肥も行いました。



          12月の定植から見た目は殆ど変わっていませんが、冬の間は主に根っこが張る時期、暖かくなるこれからが葉が成長する時期です。
          小さくても焦りません。
          暖かくなりはじめ、葉が成長する時期に合わせて追肥を行います。



          めんどくさいですが、追肥の前には雑草を抜きます。めんどくさいです。



          化成肥料を使う場合はパラパラっと、一株に一摘まみほど。追肥回数も1回で充分です。
          追肥は遅くとも3月いっぱいまで。4月以降の追肥は球の肥大不足(葉っぱばっかり大きくなる)の原因となります。

          また、気温が上がって雨が増えると病気にも感染しやすくなります。
          今月末にでも予防薬を散布しておきます。


          続いて空豆。

          今回も利用者さんに管理方法を教えてもらいました。



          脇芽が増えてきたら主枝を摘芯してやるそうです。

          主枝、主幹とか主軸とか言いますが、まぁ種から一番はじめに伸びてきた枝のことです。
          周りの脇芽(新芽)と比べると葉の色が薄いのですぐにわかります。

          これを思いきって株元から切ってしまいます。



          主枝に行く栄養を脇芽に回してやるためです。空豆はこの脇芽から収穫することになります。

          そんなわけで、摘芯していたところ別の利用者さんから「今は主枝の先端だけを切っておいて、株元から切るのはもう少し気温が上がってからにしたほうがいいよ」と教えていただきました。
          切り口から凍って、根がやられることがあるようです。

          そういうリスクもあるのですね。
          アドバイスありがとうございます。



          ちょっと焦りすぎたというわけです。
          たぶん大丈夫でしょう!

          このあとは追肥をするのか、また土寄せもしたほうが良いような気もします。
          利用者さんに聞くのを忘れました。

          豆類の追肥は大豆タイプとえんどう豆タイプで方法が変わってきます。
          前者は土寄せのタイミングで追肥、後者は花が咲く頃に追肥が基本です。

          とりあえず花が咲くまで待ってみます。

          2019年度 新規オーナー募集

          2019.02.16 Saturday

          0


            ☆グリーンファーム宝塚西谷市民農園では 2019年度 新規オーナーを募集しています☆


            ◇空き区画◇残りわずかです。
            お気軽に(お早めに)お問い合わせください。

            ☆お問い合わせ☆
            TEL: 080-5638-0831 (9:00〜18:00)
            e-mail: shimosasori0831@ezweb.ne.jp (24時間)
            (担当 南)

            ※受付は先着順とし、定員に達し次第募集を終了いたします。
            ※ご契約には印鑑が必要です。



            募集案内

            募集情報
            ※年度途中からのご契約は、ご契約月から翌3月31日までの月割料金となります。

            ご利用の手引き

            農園アルバム

            利用者様の声


            〜宝塚市北部・下佐曽利の里〜

            大自然の中 土を耕し 汗をかき
            そして収穫の喜びを感じませんか?

            わたしたちが「おいしい野菜」づくりをお手伝いします

            下佐曽利農園管理組合