芝桜&モデル園の近況

2017.06.05 Monday

0
    グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


    ☆最新空き区画状況☆


    農園からのお知らせメールを配信しています


    こんばんは。スタッフ2号です。

    3月の「芝桜定植会」で植えた芝桜。
    長らく成長具合の報告ができておらず申し訳ございませんでした。
    せっかくなので公の機関にも応援してもらおうというわけで、現時点での反省点を踏まえたプロジェクトの練り直しをしている段階でございます。
    多くの利用者の皆さんにもご協力いただいて行うプロジェクトです。責任を持って遂行して参ります!


    さて、定植から3ヶ月ほど経ちました。
    成長旺盛な箇所では株同士がくっつきそうな勢いです。
    全体の約1%が何らかの原因で枯死してしまいましたが、少量ですのでとりあえずは順調でございます。


    (6/4撮影 成長旺盛箇所)

    植え付けの前に、皆さんに徹底的に抜根をしていただきました。その成果で例年この辺りに繁茂する葛(クズ)も発生しておりません。ありがとうございました。
    しかし芝桜の株が密になるまでは細かな雑草が発生します。特に植穴から発生する雑草は仕方のない面もあります。小まめに草抜きをしておきます!

    枯死した箇所は、今夏中に挿し芽苗を作って植え替えてみます。
    今秋以降、本格的に挿し芽苗を作るための実験でもあります。

    今年度も3月に定植会を予定しています。ご協力をよろしくお願いいたします。


    (6/4撮影 今ごろ咲いた芝桜)


    ではモデル園(玉ねぎ)の近況です。

    ほんの少し早い気もしますが、梅雨までに次の畑の準備もしたいので2/3だけ先に収穫することにしました。

    全体の7割ほどの葉っぱが倒れた状態です。


    (6/4撮影)

    玉ねぎは熟成モードに入ると葉っぱの付け根(首部分)がスカスカの空洞になってきます。
    そして葉の重みに耐えきれず、自然に倒れ始めます。
    倒れ始めてから1週間前後が収穫の目安となります。
    葉が完全に倒れていなくても、足で踏んでみて「くしゃ…」と簡単に倒れるようなら収穫してもOKだと思います。「パキッ」といった感じに折れたり、倒しても起き上がってくるような気迫を感じたらまだ少し早いです。

    葉っぱを人為的に倒れさせると球の熟成がより促進されるというまことしやかな噂もあります。
    収穫日を設定しておいてその1週間ほど前にわざと踏んで倒しておくというのもアリです。


    (6/4撮影)

    私も来週収穫分の残り1/3は足で踏んでおきます。


    というわけでこの日は約140個収穫しました。


    (6/4撮影)

    収量の9割以上がソフトボールクラスに成長しましたので、去年のほったらかし玉ねぎに比べたら上出来です。


    モデル園の玉ねぎは保存用です。
    保存用の場合は、収穫後に葉も根も付けたままの状態で畑の中で2〜3日自然乾燥させるのが良いようです。
    私も利用者さんと同じく週1の農業ですので、そのあたりは無視します。さっそく保存に向けて作業します。


    (6/4撮影)

    保存する場合は葉っぱを15cmほど残して切り、ビニール紐などて4〜6個ずつにまとめ、風通しの良い日陰(軒下など)に吊るします。
    網袋で保存する場合は葉っぱを全部切り落とします。
    めんどくさいので根っこは切らなくてOKです。


    (6/4撮影)

    これで来年の春まで保存できます。


    さて、次は黒大豆(枝豆)の栽培準備です。
    昨年は無施肥、無消毒、無殺虫で、水管理にだけ注意してなんとか実がついた状態にまで成長しました。
    今年は施肥と殺菌殺虫に重点を置いて、収量の増加と食味の向上を目指してみます。

    まずは畑準備として、石灰系肥料と元肥(豆栽培ですので窒素分が少な目の化成肥料を使いました)を撒いて耕します。
    マルチを張っていた土壌は柔らかいですので、雑草と肥料を鋤き込むのを目的とし、耕しすぎないようにします。


    (6/4撮影)

    大豆(枝豆)は定期的に土寄せを行いますので、畝は太めにしておきます。
    定植(6月中旬予定)の準備完了です。


    (6/4撮影)

    さてさてここからが問題です。
    昨年の栽培の反省から、開花後から鞘が膨らむまでの栄養(肥料)が重要だとわかりました。
    大豆(枝豆)は根っこに窒素分(根粒菌)を自分で蓄え、開花後に根粒菌の栄養を使って実を膨らませます。
    この根粒菌が枯渇する頃に施肥を行う必要があります。

    脱線しますが、ほとんどの作物は「硝酸性窒素」という状態の窒素を吸収して栄養にします。
    即効性の肥料には硝酸性窒素の状態の窒素分が含まれており、施肥後すぐに効果が出るという仕組みです。
    緩効性の肥料には「アンモニア性窒素」という状態で含まれており、アンモニア性窒素が土中の微生物の働きによって硝酸性窒素に変化するという過程を経てから作物に吸収されます。このタイムラグによって緩効性肥料はじわじわと効いていきます。

    繰り返しますが大豆(枝豆)は根粒菌の栄養を使って実を膨らませます。根粒菌の再活性にはアンモニア性窒素を好んで吸収するようです。
    つまりアンモニア性窒素(硫安や尿素)をタイミング良く、そして根粒菌に直接効かせることが重要となるわけです。

    もうわけわかりません。


    モデル園の近況

    2017.05.23 Tuesday

    0
      グリーンファーム宝塚西谷市民農園ホームページ


      ☆最新空き区画状況☆


      農園からのお知らせメールを配信しています


      こんばんは。スタッフ2号です。

      今年もツバメが巣作りにやって来ました。
      田植えシーズンになると、ツバメが田んぼへ土を取りに来ます。
      田んぼが黒土の地域の巣は黒っぽく、赤土の地域は赤っぽくなったりします。
      下佐曽利の田んぼは黒土ですのでこんな色です。



      また、ツバメが軒下の"庇の内側"に巣を作ると、その年は大きな台風がやって来ると言われています。

      生物の行動の様子などから天気の変化を予測する。農家の「観天望気」のひとつです。
      今年は内側に作りました。ツバメ予報では台風に注意しろということです。

      さて、下佐曽利組合の田植えもラストスパートといったところです。


      (5/21撮影 山田錦の苗)

      今年はフライング気味に真夏日が連続しています。
      日中はかなり暑いです。熱中症にはくれぐれもご注意ください。

      田んぼもカラッカラです。なかなか水が貯まりません。


      (5/21撮影 代掻き作業後の田んぼ)

      皆さんも夏野菜苗の水やりに追われているかと思います。
      ぼちぼち一雨欲しいところですね。
      そんなわけで、今年も下佐曽利のおいしいお米とおいしいお酒にご期待ください。


      ではモデル園(玉ねぎ)の近況です。

      やや、葉の色が薄めですが…。元肥が少なかったようです。
      玉ねぎの実(玉)の部分。これは要は葉っぱの層が膨らんだものです。
      元肥には窒素分をガッツリ与えてやるのが良いようです。


      (5/20撮影 玉ねぎ)

      まあ、今のところ葱坊主が咲いていない(トウが立っていない)のでセーフかと思います。
      収穫前に葱坊主が咲いてしまうと、実が固くなってしまいます。主な原因は元肥と追肥の不足です。
      逆に追肥を与え過ぎたり与える時期が遅いと、実のしまりが悪くなって収穫後に早く腐ってしまいます。
      どちらかと言えば肥料は少な目のほうが長期保存に向いた玉ねぎになります。


      (5/20撮影 玉ねぎ)

      実の皮がうっすら茶色がかり、葉が倒れたら収穫のサインです。
      葱坊主が咲いてしまったものは、優先的に早めに収穫して食べてしまいましょう。


      病気のほうは…。
      モデル園の玉ねぎは殺菌剤を散布したのでまだマシですが、ところどころベト病に感染しています。


      (5/20撮影 ベト病病斑部)

      せっかく自分で作る野菜ですので、皆さんにはなるべく薬を使わずに栽培していただきたいですが、薬を用法と用量を守って正しく使うのもひとつの方法です。

      今が成長のラストスパートですので、病気の進行具合を見て5月末頃に殺菌剤の最終散布をしてやろうかと思います。

      収穫は6月中頃の予定です。


      モデル園の近況

      2017.04.19 Wednesday

      0
        春の栽培講習会のご案内


        ☆最新空き区画状況☆


        農園からのお知らせメールを配信しています


        こんばんは。スタッフ2号です。

        遅霜が降りたり夏日になったり、台風並みの嵐がやって来たりと盛りだくさんな4月となっております。



        5年前に植樹した農園駐車場のソメイヨシノ。
        今年ようやく本格的に咲いたのですが、週明けの嵐で早々に散ってしまいました。せっかく咲いたのにもったいないもんです。


        さて、久しぶりにモデル園の近況です。

        日中の気温も上がり、玉ねぎも一気に大きくなりました。



        病気が発生しやすい時期です。
        JAからも「ベト病にご注意ください」と指導が入っております。

        モデル園の玉ねぎには2月中旬と3月中旬に予防薬を、そして4月16日に殺菌剤を散布しました。
        今のところ大丈夫そうですが、念のため5月中にもう一度殺菌剤を散布する予定です。

        殺菌剤を使用される方は、お早めに散布ください。


        早生品種はすでに玉が膨らみはじめているでしょうか。
        晩生品種のモデル園の玉ねぎはようやく首が太くなってきたところです。



        収穫まであと2ヶ月!




        そんなわけで玉ねぎに負けず雑草も絶好調です。

        ゴールデンウィーク前後に園内除草を行います。

        芝桜定植会を開催しました

        2017.03.23 Thursday

        0
          ☆最新空き区画状況☆


          農園からのお知らせメールを配信しています


          3月18日(土)、芝桜定植会を開催しました。



          早朝より、多くの皆さまにお集まりいただきました。

          杉花粉にも負けず、腰痛にも負けず、「綺麗に咲いたら見学料を取って、みんなで高級バーベキューをしよう」などという美しい夢を語らいながら約1,000ポットの苗を植えました。





          この日に植えたのは農園のほんの一部分だけです。

          何年後になるかわかりませんが、少しずつ増やしていき、きっと近い将来には農園一面に綺麗な芝桜絨毯が広がるはずです。




          ご協力いただきました皆さま、ありがとうございました!

          モデル園の近況

          2017.01.30 Monday

          0
            ☆空き区画状況(2017.01.23更新)☆


            農園からのお知らせメールを配信しています


            こんばんは。スタッフ2号です。

            しぶとく3週間近く残り続けた雪も、昨夜からの雨でようやく溶けました。


            (1/28撮影)

            週末は農作業日和の陽気になりました。
            春に向けた土作りに精を出す方も多くいらっしゃったようです。



            モデル園の玉ねぎも少しずつ大きくなってきました。
            早生品種を植えてらっしゃる区画ではもうずいぶん大きいですが、晩生品種のモデル園はこんなもんです。



            まだまだ寒さの本番が続きます。
            少し暖かくなり始める2月上旬頃に、即効性の高い化成肥料を撒いてやる予定です(追肥)。

            また、暖かくなると玉ねぎの場合はベト病が発生しやすくなります。
            特に生ぬるい雨が降り始めると要注意です。
            予防薬や殺菌剤を使用される場合は、ぼちぼち散布してもOKかと思います。

            ※薬剤の散布は周辺の区画の迷惑にならないようご注意ください。


            ところで、普段皆さん苗や農機具などはホームセンターで購入されているでしょうか。

            ホームセンターの苗はかなり早い時期に売り出されるようです。
            欲しい時期に欲しい苗が売り切れていたりで、なかなかタイミングが合わないこともあります。

            ということで、こっそり苗購入スポットをご紹介しておきます。

            その名も「農業屋」です。



            農園周辺では三田市(農園から車で約20分)にしか店舗がありませんが、苗や種、農機具はかなり豊富に揃っています。
            苗は予約注文も受けてくれます。

            神戸市・西宮市からお越しの利用者さんはちょっくら覗いてみてください。
            宝塚市内・大阪方面からお越しの方には少し遠回りになりますが…、ドライブがてらに是非!

            そんなわけで、農具庫の農具も少し買い足しておきました。




            PS.お待たせしました。区画の番地札完成しました。



            大根の保存

            2017.01.10 Tuesday

            0
              ☆空き区画状況(2016.12.01更新)☆


              農園からのお知らせメールを配信しています


              あけましておめでとうございます。スタッフ2号です。
              本年も当ブログを宜しくお願いいたします。

              耳が千切れそうな寒さの中、下佐曽利は静かな新年を迎えております。



              これからが一番寒い時期です。
              ぼちぼち"農作業初め"の利用者さんも多いかと思います。
              下佐曽利の寒さをご覚悟の上、また道路の凍結にもお気をつけてお越しくださいませ。


              さて、今日は「大根の保存」について好き勝手に呟こうと思います。

              今季のピリッとした冷え込みは大根にとって好適なようで、農園でも多くの方々が立派な大根を作っておられます。



              多くの冬野菜は霜や雪にさらして、日中との寒暖差をつけてやると甘味が増すと言われます。
              しかし大根は凍結&融解を繰り返すと食味が悪くなるようです。

              多くの利用者さんも既に実践されていますが、寒冷地では大根の凍結を防ぐために土に埋めて保存しています。

              大根を一旦収穫し、畑に深さ30cmほどの穴を掘り、茎3cmほどだけ残して葉を切り、穴に大根を横倒しに並べて土を被せます。
              大根同士がくっつかない程度の間隔で並べます。
              葉を切らずに埋めた方が良いとも言われますが、あまり気にしなくていいと思います。
              切ったほうが埋めるのも掘り出すのも楽チンです。

              こうしておけば、みずみずしいままの状態で春先まで保存できます。


              …埋めた場所を忘れないようご注意ください。


              続いて多くの方々からご要望いただいておりました区画の番地札の修繕。



              長らくお待たせいたしました。
              ようやく廃材をゲットして参りました。



              農園DIY作業ではお馴染みとなりました人工木材と、今回は最強の木材と言われるウリン材もゲットして参りました。

              最強と言われるだけあって加工にかなり手こずっております。



              農閑期のうちに完成できるよう、急ピッチで頑張ります。
              もうしばらくお待ちくださいませ。

              謹賀新年

              2017.01.01 Sunday

              0
                ☆空き区画状況(2016.12.01更新)☆


                農園からのお知らせメールを配信しています





                あけましておめでとうございます

                本年も利用者の皆さまに楽しんで野菜作りをして頂けますよう、
                スタッフ一同力を合わせて頑張って参ります。
                2017年もどうぞ宜しくお願いいたします。

                平成29年 元日
                下佐曽利農園管理組合 スタッフ一同


                (下佐曽利琴平神社)



                年末のご挨拶

                2016.12.23 Friday

                0
                  ☆空き区画状況(2016.12.01更新)☆


                  農園からのお知らせメールを配信しています


                  早いもので、年末のご挨拶をさせて頂く時期となりました。
                  利用者の皆さまにおかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

                  本年は格別のご愛顧を賜り、また沢山の新しいご縁をいただき、心より厚くお礼申し上げます。
                  これからも皆さまの「おいしい野菜」づくりを、スタッフ一同微力ながらお手伝いさせていただきます。

                  来年も変わらぬご愛顧を頂けますようお願い申し上げて、歳末のご挨拶とさせて頂きます。

                  下佐曽利農園管理組合




                  それではこんばんは。スタッフ2号です。
                  忘年会シーズンも大詰めとなってまいりました。
                  皆さま内臓はご無事でしょうか。


                  さて、下佐曽利地区では冬野菜の収穫真っ盛りだったり、





                  田んぼを耕したり、



                  なんやかんやで慌ただしい師走を迎えております。


                  農園のほうも、スタッフ1号&2号で草刈りとコンポスト掃除を行いました。


                  (農園駐車場某所の野イチゴ)

                  これにて本年の管理作業納めとさせていただきます。

                  本年も除草作業をはじめ、DIY作業やボランティア活動など、多くの利用者さんにご協力いただきました。
                  ありがとうございました!

                  (懲りずに)来年もよろしくお願いいたします!

                  本年も残り僅かとなりましたが、お風邪など召されませぬようご自愛くださいませ。良いお年をお迎えください。

                  モデル園の近況

                  2016.11.26 Saturday

                  0
                    ☆空き区画状況(2016.10.18更新)☆


                    農園からのお知らせメールを配信しています


                    こんばんは。スタッフ2号です。

                    2〜3日前からガッツリ霜が降りるようになりました下佐曽利地区です。



                    朝晩は氷点下まで冷え込み、明け方にはガッチガチに凍ります。
                    ぼちぼち畑の中で作物を発芽させるには厳しい季節です。


                    さて、モデル園の近況です。

                    多くの利用者さんから
                    「赤くなったんか?」
                    「もう食べたんか?」
                    とご心配いただいておりましたパッションフルーツです。

                    ご安心ください。
                    ご覧の通り真っ青でカッチカチございます。
                    こんなもん食えません。



                    ただし、エチレンガスを浴びせてやれば追熟するというまことしやかな噂を耳にしました。
                    箱の中にバナナと一緒に放り込んでみます。


                    さてさて、そんなわけで何も無くなったモデル園。

                    次は玉ねぎを育てることにしました。

                    玉ねぎの栽培については、本やインターネットに詳しく丁寧に紹介されております。
                    そちらを参考にしていただいた上で、我が家の玉ねぎ(晩生品種)栽培に寄り道感覚でお付き合いいただけますと幸いです。


                    さてさてさて、何はともあれ土作りです。



                    10月頃に腐葉土を撒いて、雑草ごと耕運機ですき込んでおきました。
                    耕す前に石灰窒素系の肥料を撒いておくと、雑草の腐敗を促進してくれます。
                    寒い寒い真冬でなければ、ひと月もあればすき込んだ雑草も綺麗に無くなります。


                    続いて畝立て〜定植。
                    めんどくさいので全部1日でやっつけてしまいます。
                    このときに撒く肥料については秘密です♪
                    とにかく、玉ねぎは窒素分を大量に与えてやると良いようです。
                    定植前にしっかり肥料を与えておけば、冬越えの間の追肥は要りません。たぶん。





                    玉ねぎにマルチシートを敷くメリットは雑草を防げる、デメリットは追肥を撒く際に邪魔。それくらいのものです。
                    マルチを敷かない場合はその逆です。
                    農園の場合は除草剤のご利用をお断りしておりますので、やはりマルチを敷いたほうが無難かと思われます。


                    いざ定植。

                    お店で買った苗、ご自分で種から育てた苗で大きさはマチマチです。
                    特にお店で売られている苗は随分小さかったりします。
                    下佐曽利のような気候で晩生品種を育てる場合はなるべく大きな苗を植えたいところです。
                    小さいと霜に負けて枯れてしまいます。



                    このように立派な苗の場合は、定植前にハサミで葉先を少し切ってやります。
                    そのほうが定植しやすいです。
                    苗の段階の葉っぱはどうせ枯れますので、切っても全く問題はありません。

                    定植する深さ。
                    冬の間、下佐曽利の畑の土は凍って溶けてを繰り返します。
                    それによって土のカサが少しずつ下がってしまいます。
                    本やインターネットでは「2〜3cmの深さ」「脇芽すれすれまで!」などと書かれていると思いますが、少し深めに植えてやったほうが具合が良いようです。



                    定植が終われば、少し暖かくなる2月頃まで完全にほったらかしです。

                    そんなわけで今日は219本植えました。
                    日没ギリギリに植えきりました。


                    農園のご利用は日の出から日没までとなっております。



                    第6回農園収穫祭を開催しました

                    2016.11.12 Saturday

                    0
                      ☆空き区画状況(2016.10.18更新)☆


                      農園からのお知らせメールを配信しています


                      本日、第6回農園収穫祭を開催いたしました。

                      早朝よりお越しいただき、また調理や片付けなどもお手伝いいただきありがとうございました。







                      今年は下佐曽利産「シシ肉(猪肉)」のBBQも味見していただきました。

                      山椒の粉をたっぷりふりかけて焼きます(山椒の香りで独特のイノシシ感を誤魔化します)。



                      「思ったより臭くない!固くない!」
                      「おいしい!」

                      「…動物園のにおいがする」

                      などと大好評でございました。





                      品評会にも多数出展していただきました。
                      ありがとうございました。


















                      第6回品評会チャンピオン
                      受賞作物「サトイモ」



                      「管理組合のみなさんのご指導のおかげです」

                      との過分なお言葉をいただきました。
                      (決して無理やり言わせたわけではございません)

                      受賞者のみなさま、おめでとうございます!!


                      そんなわけで、本日は農園スタッフが珍しく集まりましたので記念撮影もしておきました。


                      (ほんとはあと2人います)

                      私たち7人のおっさんが、みなさまのおいしい野菜づくりをお手伝いします。
                      今後ともよろしくお願いいたします!