バイト  時給は??

2013.08.30 Friday

0
    この前のブログで 我が子に稲刈りのバイトをさせた話しを書きました
    中学生の我が子と 時給1,000円で 契約を結びました
    この金額が高いか 安いかは わかりません  妥当な金額もわかりません

    でも言えることは 我が子に『農業は しんどくて きつくて は虫類もでてきて 
    熱中症になりかけて 日焼けして 一生懸命頑張っているのに もらえるお金はこれだけか』
    と思ってはほしくないということです

    農業をすれば 汗かけば 満足できる収入が得られると感じて欲しいと思っています
    (もちろんお金だけではありませんが・・)

    そうでないと 農業の”担い手”なんて育つわけがありません
    土地を守るには 農業を守るには ”担い手”が必要です

    大事な”担い手”が育つ環境をつくるのが われわれの世代の役割です筋肉

    会社休んだぞー! 稲刈りしたぞー!!

    2013.08.29 Thursday

    0
      8月28日 今年の稲刈りがスタートしました
      ホントは 週末にしたかったのですが 天気予報が悪かったので
      会社を休んで 稲刈り作業をしました

      去年 修理にだしたコンバインは
      出だしは順調です
      機嫌よく作業をすすめてくれます


      コンバインは よくできた機械です
      刈取・脱穀・藁のカット 一連の作業を
      見事にこなしてくれます
      運転席から見たようすです


      先人は この作業をすべて手作業、人力で行っていたと考えると
      頭が下がります
      現代人には 先人のような体力・忍耐力はないと思います

      3時間ほどで刈取りは終了です。
      刈り取ったモミを 軽トラに積んで 家に持ち帰ります


      つぎの田んぼは 先週の雨でこけて 水が入ってしまったたんぼです
      人力での作業です 私・家人2人でやっていましたが 助っ人が登場しました
      運動会の練習のために学校に行っていた三男が帰ってきました
      「バイトしない?」と言うとすぐさま「OK」の返事。労働契約締結です
      さすが10代 手早く作業をしてくれました
      感謝です!!


      こけたところ 水が入ったところを手で刈って
      残りはコンバインで刈り取りました
      17時作業終了です はやくビールビールが飲みたい

      もうこれ以上 稲がこけないことを祈ります
      神様 仏様 お願いします






      雨だ! こけた! 水がはいった!

      2013.08.26 Monday

      0
        8月24日・25日とひさしぶりの雨が降りました雨
        野菜には恵みの雨となり 酷暑から季節を一歩すすめる雨になりました

        でも収穫を間近に控えたお米には困った影響が出ています
        下佐曽利で育てているお米の大部分は ”コシヒカリ”です
        コシヒカリは 丈が長いのでこけやすい(倒れやすい)品種です
        この雨でこけてしまった田んぼが目立つようになりました


        一方 実が多いほど穂が重くなりこけやすくなることから
        ”ある程度 こけたほうがいいんだ”という人もいます
        でも激しくこけるとコンバインでの刈り取りが難しくなり
        人力に頼ることになります
        バランスが難しいです

        また 水が田んぼの中に入ってしまいました
        このままでは コンバインが田んぼに入れません
        土が乾いていないと コンバインが田んぼのなかで
        立ち往生してしまい たいへんなことになります
        急いで 田んぼの中の水を抜いています


        ホント 農業は お天気しだいです
        ちゅん


        田んぼに ヤツ が来た!!!

        2013.08.21 Wednesday

        0
          8月17日の夜、収穫間近の田んぼにヤツが来ました
          下佐曽利の田んぼ3か所に同じ日にヤツが来ました

          ヤツとは”イノシシ”のことです

          ヤツは 田んぼの中を動き回って 稲を倒してしまいます
          そして お米をしがんでしまいます

          下の写真は ”イノシシ 大運動会”のあとの惨状です。
          稲を倒されているのがわかります。
          これが同じ田んぼに何か所もあります。



          また下の写真は イノシシが山からおりてきたと
          思われるケモノ道です。


          ヤツは 私たちが 精魂込めて作った農作物を
          根こそぎ ダメにしてしまいます。

          だれか ヤツを イノシシを 何とかしてください
          このままでは 生産意欲・農業に対するモチベーションが下がります下
          H・E・L・PDocomo109

          お米の異変の謎が解けた!

          2013.08.20 Tuesday

          0
            先日 お米が白くなる異変についてお知らせしましたが、
            その原因がわかりました。


            JA宝塚営農支援センターの方が2名来てくださり 
            徹底調査をしてくださいました。

            結果 原因は『すずめ』だとのこと。
            もみの中でお米が固くならないころに、
            すずめがもみの中身を吸ってしまったようです。
            (しがむように)

            すずめは、このように実りの頃にはお米を食べる害鳥ですが、
            一方稲の害虫を食べてくれる益鳥でもあるとのこと。
             ”持ちつ持たれつ” ”ギブandテイク”の関係です。

            さすがJAさん!! スッキリしました。
            ありがとうございました
            これからも 頼りにしています